玄鳥至(つばめきたる)

<黒部川扇状地から望む白馬連山>

4月4日から二十四節気は「清明」に入ります。清明とは「清浄明潔」の略で「万物発して清浄明潔なればこの芽は何れの草としれる也」と江戸時代に出版された暦の解説書「暦便覧」に記述されています。まさに万物がすがすがしく明るく輝くころとなります。

七十二侯は「玄鳥至(つばめきたる)」で二十四節気「清明」の初侯。幻鳥とは燕の事で、燕が南の国からやって来る頃と言う意味です。まもなく宇奈月では岩燕の飛行が見られます。岩燕は小型で、尾羽の切り込みが浅く英名が「House Martin」、燕は大型で尾羽の切込みが深く「Barn Swallow」でマーチンとスワロウです。日本には繁殖のために飛来し、宇奈月では温泉街から山地にかけて集団で営巣します。

黒部川扇状地から後立山連峰を望むと雪を纏った名峰が神々しく輝いています。今年は大陸からの黄砂の飛来が激しく、久しぶりの青空です。正面奥の名座は白馬岳(2932m)、隣が旭岳(2867m)と清水岳(2603m)。これからは北アルプスを背景に、桜とチューリップが加わる彩り豊かな季節となります。清明ならではの情景です。

コメントを残す