夏灯台(ナツトウダイ) トウダイグサ科

<形状が最も面白い花>

夏灯台(ナツトウダイ)は、宇奈月の杉林等の林中に生えるトウダイグサ科の多年草です。 

茎は紅色を帯びて切ると白い汁が出ます。葉は先の丸い披針形で互生しまが、茎頂で5枚の菱状長楕円形の葉を頂生し、そこから5本の枝を出します。更に枝は二股に分岐し、2枚の広卵状三角形の苞葉を付けその間に小さな盃状の花序をつけます。苞葉(ほうよう)とは、花の下に位置し葉の変形したもので芽を保護する役割を果たします。

夏灯台は非常に複雑に入り組んでいるように見えますが、よく見るとそこには自然界の中で造られた規則正しい造形が見られます。 有毒植物ですが、根茎は薬用となります。

梅子黄(うめのみきばむ)

<白身魚と相性のいい煎り酒は、梅干しから作る>

6月16日から七十二侯は「梅子黄(うめのみきばむ)」で、二十四節気「芒種」の末侯にあたる。梅の実が熟して黄ばむ頃という意味。梅が黄ばんでくると梅干を作るための収穫となる。いよいよ梅雨本番である。

延楽の人気商品に「煎り酒」がある。梅干しの塩梅と特製出汁を合わせてつくる。富山湾で獲れる真鯛、平目、のど黒、細魚(サヨリ)、太刀魚などの白身魚の刺身に合う。おろし山葵を少々付けて食すと、白身魚の繊細な味わいが口に中に広がる。

江戸時代に、醤油が登場する以前に刺身ダレとして使われた。地酒との相性も良い。延楽自家製「煎り酒」は、刺身以外にもドレッシングや鍋物等にも幅広く使える。延楽秘伝の味で、オンラインショップの人気商品でもある。

白根葵(シラネアオイ) シラネアオイ科

<深山の谷間の雪が解けだすと現れるシラネアオイ>

白根葵(シラネアオイ)は、宇奈月の深山の木陰に生えるキンポウゲ科の多年草で、日本固有種です。

花は、茎頂に1個つき、花弁はなく淡紫色の大きな額片が4個あります。その下に腎臓形の葉が2個、対生しています。さらにその下には葉柄の長い、掌状に中裂した葉が互生します。

和名は、花が立葵に似て、日光白根山に多く産することに由来します。

野茨(ノイバラ) バラ科

<日本を代表する野生のバラ>

野茨(ノイバラ)は、宇奈月の日当たりのよい山野に自生する、バラ科の蔓性落葉低木です。

高さは2m位になり、よく分岐して繁みを作り、枝には鋭いとげがあります。葉はバラ科に特徴的な奇数羽状複葉で互生します。小葉は2~4対で7~9個つきます。

枝先の円錐花序に多数の白色の花をつけます。花弁は5個、平開し芳香があります。

麒麟草(キリンソウ) ベンケイソウ科

<岩場に咲く黄金色の麒麟草>

麒麟草(キリンソウ)は、宇奈月の山地の岩場などに自生するベンケイソウ科の多年草です。

葉は肉厚の倒卵形でまばらに鋸歯があり、基部はややクサビ形で葉柄は無く、互生しています。茎は円柱状で太く、茎頂に黄色の5弁花の小花の密な集散花序を出します。

花の後にできる実は袋果で、熟すと種が岩場に放出され、新たな芽を出します。

花苦菜(ハナニガナ) キク科 

花苦菜(ハナニガナ)は、宇奈月の山地や草原などに普通に生えるキク科の多年草です。

茎は細く50cm内外で、根出葉は広披針形で縁辺に不整の鋸歯があります。茎葉の基部は、茎を抱き茎の上部が分岐集散状に多数の頭花が開きます。黄色の舌状小花は8~10個あります。

茎や葉に苦みのある白い液状があるのでこの名が付きました。よく似た苦菜(ニガナ)は、黄色の舌状小花が5~6個です。白い花のシロバナニガナもあります。

二輪草(ニリンソウ) キンポウゲ科

<花柄を2本だし白色の花を咲かせる>

二輪草(ニリンソウ)は、宇奈月の落葉樹林内で群落を作るキンポウゲ科の多年草です。早いところでは5月初旬から開花します。

根茎は太くて短く、葉の形状は心状円形で3小葉に分かれ、小葉は3裂して切り込みが複雑なキンポウゲ科の特徴がでています。総苞片は3個で茎の先につき、無柄で3裂します。

総苞片の中心から花柄を2本出して先端に白花を単生します。二輪咲かせるので和名の由来となっています。稀に緑色の覆輪の花を見ることがあります。

笹百合(ササユリ) ユリ科

<気品があり芳香もある笹百合>

笹百合(ササユリ)は、宇奈月の山地の草叢に生えるユリ科の多年草です。

短い花柄を持った披針形で細い葉を互生し、葉先は尖り主脈がはっきりしています。和名は、笹の葉に似ていることが由来となっています。茎は分岐せずに長さは40~70cm位です。

6月、淡桃色の漏斗状鐘形の花を横向きにつけて開花します。花に近づくと独特の芳香が漂うので、すぐに見つけることができます。茎の最下部で切ると絶えることがあります。栽培は極めて困難な山野草です。

衝羽根草(ツクバネソウ) ユリ科

<ひっそりと咲く花>

衝羽根草(ツクバネソウ)は、宇奈月の落葉樹林の林床に生えるユリ科の多年草です。

茎は、地下茎の先端から1本立ち上がって直立し、葉は4個で輪生し卵形で柄が無く、先は鋭く尖っています。 花は淡い緑色で、輪生した葉の中心から出た花柄の先に1個だけ付けます。 秋になると丸い黒い実を付け、披針形の萼片の部分が羽子板の羽根のようになります。和名は、その形からきています。

腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

<小雨にそぼ濡れるホタルブクロ>

6月10日から七十二侯は「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」で「芒種」の次侯にあたる。草が枯れ、腐って蛍になるという意味。出典は中国古典の菜根譚や、江戸時代の歳時記である改正月令博物筌とある。

蛍は、土の中でサナギになり地上で羽化するので、昔の人は、草が朽ちて蛍になると信じていたようである。蛍の異名として「朽草(クチクサ)」とも呼ばれる。宇奈月の梅雨入りは間近だ。公園ではゲンジボタルが飛び交う頃でもある。

 宇奈月の山路の斜面では、小雨に濡れた清楚な白花の蛍袋が下向きに開花し、虫の雨宿りには格好の場所となる。宇奈月周辺では白花が多く見られるが、山を越えた信州では淡紅紫色になる。蛍袋はキキョウ化の多年草で、英語ではベルフラワー、鐘の花。形から納得できる。花の中に蛍を閉じ込めるとその灯りが外へ透けて見える。まさに火垂(ほたる)の所以である。