竹笋生(たけのこしょうず)

<大原台自然公園に建立された観音像>

5月15日から七十二侯は「竹笋生(たけのこしょうず)」で、二十四節気「立夏」の末侯にあたる。竹笋(たけのこ)が生えてくる頃という意味です。

笋は、筍の異体字です。食材の筍の収穫期間は、孟宗竹が3月から4月で真竹は5月から6月にかけて。今の時期に収穫できる筍は、根曲竹(ねまがりだけ)で宇奈月の深山の広葉樹林や、沢地などに大きい集団を作って群生します。宇奈月では筍と言うよりは山菜の感覚でとらえています。正式には千島笹とも呼ばれ、北海道から山陰までの日本海側で雪深いところに分布します。

5月18日は、宇奈月平和の像(観音像)の観音祭で山頂で法要が営まれます。昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により中止となりましたが、今年は規模を縮小して執り行われます。この観音像は、地元出身の彫刻家・佐々木大樹氏の大作で、台座を含めると21mの高さがあり、宇奈月温泉街が一望できる標高566.8mの大原台自然公園に建立されています。日本一高いところにあるブロンズの観音像です。高岡の鋳物職人の傑作です。

この像に入魂した名僧は、臨済宗の名刹国泰寺(高岡市西田)の管長・稲葉心田氏です。国泰寺は、黒部川の電源開発を提唱した化学者・高峰譲吉(高岡出身)を輩出した高峰家の菩提寺でもあります。明治の廃仏毀釈で荒れ果てた国泰寺を復興させたのが山岡鉄舟です。若き日の西田幾多郎や鈴木大拙等が参禅した禅寺でもあります。お寺のある西田地区は、上質な筍(孟宗竹)の産地であり、手入れの行き届いた竹藪が連なっています。これも高峰譲吉博士のご縁です。