染付山水七寸皿

<のど黒煮付け>

富山湾が春めいてくると、形の良い、のど黒があがります。脂ものって最高級です。お造り、しゃぶしゃぶと料理も多彩です。今回は煮付けがお勧めです。甘く焚いて脂ものって。地酒がすすみます。

季節の器は「染付山水七寸皿」です。三浦竹泉の作品です。酸化コバルトの濃淡で山水を描いています。染付は中国や朝鮮では青花と呼ばれています。

鼠志野草紋高台皿

<厚い胎土で大ぶりな器>

早春の山菜の苦みは、揚げることによって和らぎます。タラの芽は甘みが出てきます。天ぷらで春の香りを味わいます。

季節の器は、「鼠志野草紋高台皿」です。土の柔らかさと優しさが感じられる、厚みのある高台皿です。掻き落とした箇所が白く残っています。

志野は桃山時代に美濃で焼かれた長石釉を掛けた焼き物です。茶陶としての志野は、技法によって無地志野、絵志野、紅志野、赤志野、鼠志野、練り上志野に分類されます。

染付桔梗千筋七寸皿

<手書きの妙、千筋の平皿>

早春の割鮮は、細魚、アオリイカ、あら、鮪、甘えびと春の香りを伝えます。ホタルイカも美味しい季節です。染付の千筋の平皿に盛ると映えます。

季節の器は、「染付桔梗千筋七寸皿」です。桔梗の形を何重にも線だけで表現しています。まさに職人技です。季節は秋の花ですが、通年使いたくなる器です。

色絵綾文皿

<蛍烏賊と白海老>

宇奈月温泉の早春の調べは、蛍烏賊と白海老によって運ばれます。どちらも今が旬で生姜醤油でお召し上り下さい。宇奈月周辺の山々では山菜の芽吹きが始まります。

合わせる地酒は、柔らかな口当たりの「満寿泉大吟醸」です。北前船の文化が残っている富山市岩瀬のお酒です。

季節の器は「色絵綾文皿」です。春は爽やかな萌黄色で、須田菁華の作品です。現在は四代目です。

織部十字形小鉢

<織部の小鉢>

粋な小鉢に旬の魚を入れて楽しみます。小鉢には染付、黄瀬戸、赤絵、金彩、志野、備前などいろいろとありますが、今回は織部を使いました。富山湾の細魚が美味しい時期となりました。延楽特製の煎り酒で食します。合わせる酒は、林酒造の大吟醸「黒部峡」です。

季節のうつわは「織部十字形小鉢」です。織部の小鉢も様々な形があります。

ホタルイカ釜揚げ

<熱々の内臓が旨い>

富山湾の春の風物詩であるホタルイカは、優美な流線型で透き通った薄茶色の可憐な姿をしています。漁は、底引網漁と違って資源に優しい定置網漁業で水揚げされます。網を上げるときに一斉に青白く光るところが名前の所以です。

お造り、酢味噌和え、天婦羅、多彩な料理法がありますが、特にお薦めなのが釜揚げす。アツアツの脂ののったオレンジ色の内臓が格別です。富山の地酒が一段と味を引き立ててくれます。

鼠志野麦藁四方隅入向付

<春の香り・春の焚合>

真蛸の美味しい時期になりました。春の野菜との焚合です。木の芽が春の香りを引き立ててくれます。

季節の器は、「鼠志野麦藁四方隅入向付」です。鼠志野は、全面に鉄化粧を施し、麦藁の部分の鉄を掻き落として志野釉(長石釉)をかけます。黒っぽい鉄の上に白濁する釉薬をかけるので、全体に鼠色になります。鉄を掻き落とした部分は、長石釉の白色になります。土の柔らかさが伝わる器です。

仁清色絵遠山向付

<麓の霧で遠山が美しく見える頃>

車海老の中で20g以下のものを才巻と呼んでいます。旨味を閉じこめる天婦羅がお勧めです。黒部の山菜も天婦羅で苦みを含ませながら美味しくいただけます。山の端が霧や靄に包まれる美しい頃となりました。黒部ならではの豊かな表情を見せてくれます。

季節の器は、「仁清色絵遠山向付」です。宇奈月の春が味わえます。

祥瑞写兎文六寸皿

<吉祥文の兎文>

雅膳の強肴は山海の珍味で、地酒を楽しむアテとなります。ナマコの卵巣を干した干口子と鮑の旨煮はお酒が進みます。

季節の器は「祥瑞写兎文六寸皿」で、昭和初期に有田で作られたものです。兎は神聖な動物で瑞祥な動物とされてきました。従って兎文は吉祥文とされてきました。この器の本歌は「祥瑞兎文輪花皿」です。

染付芙蓉手高台向附

<山菜天婦羅>

雪に覆われた大地でも春の風が吹くと、山菜の芽吹きが始まります。雪の下の蕗の薹は柔らかく、山の香りがします。山菜の風味である苦みは、油で揚げることによって和らげます。旬の白魚も添えると、春の香りが満載となります。

季節の器は、「染付芙蓉手高台向附」です。高台なのでお膳が華やかになります。