仁清色絵松竹梅羽子板皿

<お正月には欠かせない器>

お正月のおせち料理を彩る器があります。色彩的に華やかで、伝統行事に結び付く絵付けや、形が大切にされます。例えば、羽子板と衝羽根の取り合わせと、絵付けは松竹梅を描いています。正月の晴れの舞台にしか使えない器です。前菜を盛りつけたり、揚げ物や焼き物にも使えます。今回は揚げ物に使う予定です。

新年の器は、「仁清色絵松竹梅羽子板皿」です。見て和やかになりますので、新年を寿ぐ器です。

祥瑞沓形向付

<香箱蟹>

香箱蟹の漁は、資源保護の観点から1月10日までの短期間です。期間限定となるので、器を変えて楽しみたいですね。小ぶりの器をいろいろと取り揃えて盛り付けます。染付の器にも合います。

季節の器は、「祥瑞沓形向付」で、四代宮川香斎(初代真葛香斎)の作品です。祥瑞は古染付と比べて上質な胎土や呉須を用い、より鮮烈な紫がかった濃いブルーの発色が特徴です。文様も幾何学文や花鳥風月を緻密に描き込んだものが多く見られます。

織部面取り平向附

<津和井蟹洗い>

美しい織部が削いだ面に釉薬の溜りを作り、濃淡を生み出します。面をとることによって器により表情が出てきます。織部の色合いが蟹の洗いの純白の色を引き立たせます。

季節の器は、「織部面取り平向附」です。器全体に織部釉がかけられ、粗い土の粒粒感と釉薬の濃淡が、深みのある色合いを引き出します。

黄瀬戸五寸皿

<真鱈の白子>

富山湾に雪が降ると、真鱈が旨くなります。真鱈は炊き合わせ、鱈ちり、昆布締めと料理も多岐にわたります。寒くなると特に旨くなるのが、白子で、雲子とも呼びます。生でポン酢で召し上がるのもお勧めです。だし汁に素早く潜らせ、季節の野菜と一緒にお召し上がりください。

 季節の器は、「黄瀬戸五寸皿」です。白子には土物が合います。

色絵南天絵向附

<南天の赤が美しく映える>

師走も半ば過ぎて、1年で最も日が短い「冬至」を迎えます。この時期、年末年始の行事が立て込んで1年で最もあわただしくなります。寒くなると富山湾の魚の身が引き締まります。延楽匠膳のお造りです。白身魚は、延楽オリジナルの煎り酒で、お召し上がりください。

 季節の器は、「色絵南天絵向附」です。雪の降る日は、艶やかな色絵の器が映えます。

染付獣面芙蓉手向附

<冬野菜焚合>

魚料理の合間に、冬野菜の焚合せが欲しくなります。水菜や根菜類などの種類が多くなります。中でも蕪は外せません。甘鯛との蕪蒸しも人気があります。ここは特製の出汁で優しく炊きます。

季節の器は、「染付獣面兜形向附」です。染付芙蓉手の器は、落ち着いて安定感があります。

染付芙蓉手輪花向附

<香箱蟹>

香箱蟹は、「活け蟹会席」「雅膳」の一皿です。追加料理としても人気があります。津和井蟹の雌で小さいため丁寧に身を抜き甲羅に盛り付けます。つぶつぶの茶色の卵は外子で特別の食感が味わえます。旨みが凝縮された味噌とオレンジ色の内子は濃厚な味わいで地酒と最高の組み合わせとなります。

雪の峡谷を愛でながらの蟹三昧のシーズンとなります。季節の器は、「染付芙蓉手輪花向附」です。

焼締片口皿

<津和井蟹洗い>

蟹の洗いは、透き通るような活蟹の身を、氷水にさらすと花が咲きます。とろけるような食感の中に濃い甘みが口いっぱいに広がります。蟹会席の一皿です。

季節の器は、「焼締片口皿」です。荒木義隆氏の焼締めは、土肌を感じながらも造形が美しいので料理を引き立ててくれます。

仁清水玉透向附

<毛蟹の柚子釜>

富山湾では津和井蟹、紅津和井蟹は、冬の味覚として知られていますが、毛蟹は知られていません。あまり市場に出回らないので、馴染みがありません。秋から冬にかけてが旬です。滞在の料理として使います。

季節の器は、「仁清水玉透向附」です。本歌は畠山記念館、MIHO MYUSEUMに所蔵されている「白釉円孔透鉢」を写したものです。シンプルでかつシャープな造形は、現代の工芸品にもひけのとらない斬新さがあります。色絵を使わずにシンプルな色合いは仁清の多才さを感じさせます。

色絵椿絵向附

<艶やかな紅白の椿の色絵>

冬型の気圧配置が強まり、寒さが増すと蕪蒸しが美味しくなります。二十四節気の「大雪」に入りました。おろした蕪を雪に見立てるのは、和食の妙です。具は、朝どれの甘鯛を使います。

季節の器は、「色絵椿絵向附」です。 重々しい灰色の雲が空を塞ぐ雪雲の日が多くなる頃は、色絵の器で華やかにします。