土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

<朝の陽ざしを浴びながら泳ぐ水鳥達>

2月19日から二十四節気は「雨水」に入る。空から降る冷たい雪が雨に変わり、野山の雪がゆっくりと融け始める。この頃の雨は「この芽起こし」といって、植物の芽吹きを助ける大切な雨となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。

七十二侯は、「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

夜半から雪がちらつき、強風も伴って一時、吹雪となるが春の風なので長続きはしない。黒部川では春の気配を感じた水鳥たちが、朝の陽射しを浴びながら活発に動いている。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

魚上氷(うおこおりをいずる)

<黒部川にそそぐ琴音の滝>

2月14日から七十二侯は、「魚上氷(うおこおりをいずる)」で、二十四節気「立春」の末侯にあたる。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

宇奈月温泉は、時たま夜半に雪が降り、稜線は薄っすらと雪化粧。今年は暖冬で雪がすぐに消える。黒部川は凍らずに渓流となって流れている。

延楽の対岸に、形の良い滝釜を備えた「琴音の滝」がある。中川一政画伯お気に入りの小さな滝である。その滝窯から清流が流れている。その清流が流れ落ちる岩陰に、孵化したヤマメの稚魚が潜み、春めく時を待っている。

黄鶯睍睆(うぐいすなく)

<安田靫彦「春到」>

2月9日から七十二侯は、「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。
睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。

今年は暖冬で、雪不足の便りが各地のスキー場から届く。本日は大陸からの寒気団が南下し、冬に逆戻りとなった。数日寒い日が続くようだが長続きはしない。露天風呂からは、雪の花を咲かせた山の稜線が幻想的に見える。まさに至福のひと時である。

ギャラリーに展示してある安田靫彦の「春到」は、画伯の庭の白梅を描いた作品であると聞いている 。富山気象台から、梅の開花宣言が出されるのはもうすぐである。

東風解氷(はるかぜこおりをとく)

<立春大吉・七寸皿>

2月4日から二十節気は「立春」に入る。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日で、1年の始まりの節気である。旧暦の元旦は立春に近い新月の日で、正月を新春、初春と呼ぶのはこの名残である。

立春は、二十四節気の始まりで、あらゆる節日の基準日となる。おわら風の盆に謡われる二百十日は立春から数えると9月1日になる。八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安とした。七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜこおりをとく)」で二十四節気「立春」の初侯。東風は春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味。日足が伸びこの頃から木々も次第に芽吹き始め、春の兆しが少しずつ現れ始める。

禅寺では早朝に立春大吉と書いた厄除けの紙札を貼る。今年も前菜に立春大吉の七寸皿を使う。「鬼は外、福は内のごとく」鬼の顔は皿の外側に描かれ、福は内側に描かれている。こういう遊び心に福来たる。

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

<小泉智英:春きざし>

1月30日から七十二侯は、「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」で二十四節気「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

「大寒」は、冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期である。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増している。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしている。

今年は、暖冬で宇奈月の平野部では雪が全く見られない。かろうじて対岸の山の稜線にうっすらと見られる程度である。全国各地の梅の名所から、白梅紅梅の開花状況が届くようになる。宇奈月は未だ蕾硬し。

ロビーでは、梅を題材にした絵画を展示。その中の一点が、小泉智英先生の「春きざし」である。静寂な竹林を背景に、古木から延びる梅ヶ枝。小泉氏は福島県小川町の出身で、身近にある風景を、独特の視線や緻密な筆遣いで精神性の高い作品に仕上げる。自然が生み出す四季折々の風情を、凛と張り詰めた空間の中に表現する。

延楽ギャラリーでは、安田靫彦「春到」、横山大観「旭日」、小林古径「竹林」等も展示されている。

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

<冷たさを増す黒部川>

1月25日から七十二侯は、「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」で二十四節気、大寒の次侯。沢に氷が厚く張りつめるほど寒い頃と言う意味。

水はいよいよ冷たさを増し、1年の内で最も寒い時期となる。この頃は大陸からの強い寒気が入りやすく記録的な大雪や最低気温をもたらすのだが、今年は、寒気が弱く暖かい日が続く。

寒の内に汲んだ水は、「寒の水」と呼ばれ細菌少なくいのでお酒を仕込むのには最適である。寒仕込みの酒は、きめ細やかですっきりとした味わいに仕上がる。大吟醸はこの時期を選んで仕込まれ、3か月を経て出荷される。日本酒の仕込みが、最盛期を迎える時期である。

款冬華(ふきのはなさく)

<蕗の薹>

1月20日から二十四節気は「大寒」に入る。

冬の最後の節気で寒さは一段と厳しくなる。冬至を過ぎてから太陽の光は少しずつ力強さを増してくるとはいうものの、宇奈月ではこれから寒気が停滞する。

七十二侯は、「款冬華(ふきのはなさく)」で二十四節気「大寒」の初侯。款冬(カントウ)とは蕗のことで、今年は宇奈月では積雪が全くなく黒部川扇状地の土手では、蕗の薹が顔を出す。雪の下の蕗の薹は苦みが柔らかく、天婦羅やふき味噌で早春の香りを味わう。

一方、富山湾では雌の香箱蟹が資源保護のため1月20日から禁漁となる。雄の津合井蟹漁は、これから最盛期を迎える。富山湾は、浅瀬から深海に至るまで多種多様な魚が生息するので天然の生簀と呼ばれ、豊富な旬魚を提供してくれる恵の海である。

雉始雊(きじはじめてなく)

<昨年の宇奈月温泉雪のカーニバル・左義長>

1月16日から七十二侯は、「雉始雊(きじはじめてなく)」で、二十四節気「小寒」の末侯。雉子の求愛が始まる頃という意味。

雉の雄は雌を呼び込むために甲高い声で鳴く。宇奈月は今年は暖冬で、温泉街には雪が全くない。下流の黒部川扇状地では雉の求愛行動が活発化する。昨日は、松の内の終わりの日。松の内が終わるのは地域によって異なるが、延楽は、1月15日。正月飾りを取り外して左義長の日まで大切に保管する。

2月1日は、宇奈月温泉雪カーニバルが行われ、花火の点火に先駆けて宇奈月公園で左義長が行われる。炎が勢いよく空に舞い上がり、歳神様もその炎に乗って天に帰るとされる。竹の炸裂音から、どんど焼きとも言う。

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

<水鳥が飛来する黒部川>

1月11日から七十二侯は、「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」で、二十四節気「小寒」の次侯。冬至から甦った陽光によって、地面が少しづつ温められる。「水泉」とは、湧き出でる泉の意味で、地中で凍っていた泉水が、ゆるやかながら動きだす頃と言う意味。

元となった中国の宣明暦では「鵲始巣」で、鵲(かささぎ)が巣を作り始める頃という意味。宣明暦は平安時代初期に中国から輸入された暦で、唐の徐昴によって作られた。その後、江戸時代に大統歴、貞享歴と変わり、宝暦4年(1754年)、渋川春海によって日本初の宝暦歴に改められた。併せて七十二候も日本の気候風土に合うように改定された。

11日は鏡開き。鏡餅の割れが多いとその年は豊作になると言われる。小寒に入ると雪の降る日が続くのだが今年は穏やかな日が続く。部屋から眺める黒部川では水鳥が水の流れに乗って移動していくのが見える。本格的な寒さは、これからである。

芹乃榮(せりすなわちさかう)

<正月飾り>

1月6日から二十四節気は「小寒」に入る。この日から節分までを「寒の内」。節分の翌日は立春で「寒の明け」を迎える。それまでは厳しい寒さが続き、「小寒の氷、大寒に解く」と言う故事があるほど、寒さは一層厳しくなる。地元の酒造会社では新酒の仕込みが最盛期を迎える。杜氏や蔵人が朝早くから作業に精を出す。

七十二侯は、「芹乃榮(せり、すなわちさかう)」で二十四節気「小寒」の初侯。厳しい寒さが続くが田んぼや水辺では、芹が生え始める頃という意味。芹は春の七草の一つで、正月7日に七草粥を食べると一年の邪気を祓うとされる。

玄関の正月飾りは、地酒の菰樽に鏡餅を飾りその上に伊勢海老を頂くという創業時からの形である。歳神様をお迎えする際の、目印となる特大の門松も飾り付ける。

新春の延楽ギャラリーは、横山大観「旭日」、安田靫彦「春刻」、小林古径「竹林」。これからも受け継がれるお正月の室礼である。 本年は、1月4日に黒部市消防団の出初式が行われた。今年こそは、自然災害のない平穏な年であることを願う。