早朝ウォークで見つけた山野草【金水引】

kinmizuhiki01.jpg
日当たりのいい道端で黄金色に輝く【金水引】

金水引は宇奈月の道端でよく見かけるバラ科の多年草です。
花がミズヒキとよく似て、しかも黄色であることからこの名前がつきました。
ミズヒキは、タデ科の植物なので金水引とは全く種類が異なります。

9月下旬、花が終わり種子になります。
その種子には鉤状のとげがあり、これが動物の体につき広範囲にわたり分布されます。

金水引は、別名龍牙草と呼ばれ、漢方では口内炎や下痢止めに効くとされます。

宇奈月の林中では小型のかわいい朝鮮水引も見られます 。

山野草が楽しめる宿 延楽

早朝ウォークで見つけた山野草【雄たから香】

metakarakou.jpg
   雌たから香より大きなな【雄たから香】

雄たから香は、雪解け水が流れている沢沿いに多く見られるキク科の多年草です。
蕗のような大きな葉が特徴で、冷たい水が流れているところを好みます。

大きな茎の上部に頭花を総状につけ、下部から上向きに咲き上がり終わると点頭します。
登山中、水を求めて沢に入ると見事な黄色い花についつい見とれてしまいます。

小型の雌たから香も沢の上流部で見かけます。

山野草を楽しめる宿 延楽

早朝ウォークで見つけた山野草【蝦夷紫陽花】

ezoazisai.jpg
 山道沿に咲く碧色の花が目に染る【蝦夷紫陽花】

蝦夷紫陽花は、宇奈月の山中に生えるユキノシタ科の落葉低木です。
特に北海道から北陸にかけての日本海側に多く見られます。
故に、原種の山紫陽花が豪雪に埋もれ越冬する間に変化したのではと考えられています。

名前の由来は、北海道で多く見られるからだそうです。

蝦夷紫陽花は先梢に多数の青紫色の両性花を開かせます。
周りには額片が大型化した装飾化をつけます。

場所によっては、紅色の仲間も見られます。

山野草が楽しめる宿 延楽