禾乃登(こくのもの すなわちみのる)

<夜が深まるにつれ艶やかになる>

9月3日から七十二侯は「禾乃登(こくのもの すなわちみのる)」で二十四節気の「処暑」の末侯にあたる。禾の文字は、植物の穂の形からできており豊かな実りを象徴する。

稲穂が膨らんで田圃が黄金色になる二百十日は、台風到来の時節である。風の厄日に風神鎮魂を願う踊り「おわら風の盆」が行われる。今日は9月3日で最終日である。舞台となる八尾は井田川と別荘川が作り出した河岸段丘に石垣を築いて拓いた坂の町である。三味と胡弓が奏でる叙情性あるおわらの旋律は、訪れる人々を魅了する。

新作おわらの代表作は小杉放庵が詠んだ「八尾四季」である。

ゆらぐつり橋手に手をとりて
 渡る井田川 オワラ 春の風
富山あたりかあの灯火は
 飛んでゆきたや オワラ 灯とり虫
八尾坂道わかれてくれば
 露か時雨か オワラ はらはらと
若しや来るかと窓押しあけて
 見れば立山 オワラ 雪ばかり

昭和3年に川崎順二に招かれて詠った歌である。 その行き帰りに必ず延楽で長逗留された。今でもその足跡は数多く残されている。

天地始粛(てんち はじめてさむし)

<上新町・御座敷踊り>

8月28日から七十二侯は、「天地始粛(てんち はじめてさむし)」で、二十四節気「処暑」の次侯にあたる。

粛には、鎮まるとか弱まるとか縮むという意味あり、ようやく暑さが鎮まる頃という意味。立春から数えて二百十日は9月1日にあたる。台風の多い時期でもある。実った稲穂を強風から守るために、風を鎮める祈りの踊りが行われる。越中八尾の「風の盆」である。

9月1日から9月3日までの三日三晩、哀愁を帯びた鼓弓の音色に乗って街流しが行われる。踊りは、農作業の所作で組み立てられ、八尾、上新町では町内の通りを使って大輪踊りが行われる。地元の踊り手の後ろについて所作を学のも、おわらを知る方法の一つでもある。

8月20日から8月30日までの毎日、11の町内が各自持ち回りで前夜祭を行う。今年の初日は天満町で、一足早く担当の町内の街流しや輪踊りが鑑賞できて、本番とは違った情緒を味わうことができるので、お勧めである。

綿柎開(わたのはなしべ ひらく)

<羯諦羯諦の一場面>
画像:北日本新聞WEBより

8月23日から二十四節気は「処暑」となる。処とは止まる、留まるという意味で、夏の暑さが収まるとされる。七十二侯は「綿柎開(わたのはなしべ ひらく)」で「処暑」の初侯にあたる。綿を包む柎(はなしべ)が開き、中から綿毛が出てくる頃という意味。

23日に、国際的な舞台芸術の祭典「第9回シアターオリンピクス」が開幕し、南砺市利賀村と宇奈月国際会館セレネでオ-プニング公演が行われた。主催者は、劇団「SCOT」の主宰者で演出家の鈴木忠志さん。利賀村に拠点を構えてから43年目。今回は、利賀村6会場の他に新たに黒部市のYKKゲストハウスに設けられた「前沢野外ステージ」と宇奈月国際会館「セレネ」が加わり、8会場で上演される。

宇奈月国際会館「セレネ」で行われた「羯諦羯諦(ぎゃていやてい)」は、真言声明の会の僧侶6人が唱える澄み切った声明と、打楽器奏者の高田みどりさんが奏でる銅鑼、太鼓、マリンバなどの音色が神秘な世界を作り出す。会場は般若心経の世界に包まれた。

蒙霧升降(ふかききり まとう)

<炸裂音凄まじい宇奈月温泉花火大会>

8月18日から七十二侯は「蒙霧升降(ふかききり まとう)」で二十四節気「立秋」の末侯にあたる。

蒙霧とは立ちこめる深い霧のことで、朝晩の冷え込みで濃い霧が発生しやすい頃という意味。俳句では霧は秋の季語で、これから山や川、湖などに霧が発生しやすくなる。

8月18日は宇奈月温泉花火大会。光の大輪が峡谷の夜空を華やかに彩る。宇奈月温泉は四方を山に囲まれているため、花火の炸裂音が峡谷中に響き渡る。

宇奈月の山野では、秋茜が飛び交い山萩や薄や田村草など、秋を彩る花々が咲きだす。

寒蝉鳴(ひぐらし なく)

<昭和天皇陛下 御製>

8月13日から七十二侯は、「寒蝉鳴(ひぐらし  なく)」で二十四節気「立秋」の次侯にあたる。

寒蝉(かんぜみ、かんせん)とは、立秋に鳴く蝉で、蜩(ひぐらし)、つくつく法師をさす。七十二侯ではひぐらしの事。終わり行く夏を惜しむかのように、夕暮れ時に「カナカナカナ」と鳴く寒蝉の声。宇奈月温泉は四方を山に取り囲まれている地形故、もの悲しい声が多方向から聞こえてくる。

少し前までは、河鹿の鳴き声が黒部の川から「コロコロコロ」と、川風に乗って心地よく聞こえていたのだが、立秋にはいると寒蝉と入れ替わる。河鹿は清流に住む蛙で、文人墨客の宇奈月で詠んだ歌や詩の中に、度々登場するが寒蝉は出てこない。

宇奈月公園には幾つかの歌碑が建っている。 真夏の蝉時雨から余韻を残す寒蝉に変わり、季節の移行のシグナルを肌で感じながら歌碑を辿るのも宇奈月温泉での過ごし方の一つだ。

涼風至(すずかぜ いたる)

<甘い香りを漂わせる葛の花>

8月8日から二十四節気は「立秋」。猛暑日が続くが、暦の上では秋を迎える。

宇奈月は、日中まだまだ厳しい暑さが続くが、朝に涼やかな川風の気配が感じられるようになる。立秋以降の暑さを残暑といい、手紙の時候の挨拶は「残暑見舞い」となるが、今年はまだまだ酷暑日が続く。

七十二侯は「涼風至(すずかぜ、いたる)」で、二十四節気「立秋」の初侯にあたる。季節は少しずつ秋に向かい、涼しげな風が吹く頃という意味。

山では雨不足により焼けた葉を纏う木々が見られる。葛は様々な樹木に絡みつき、赤紫の花を開花させ、甘い香りを周辺に漂わせている。とにかく暑さに強い植物である。そんな葛の葉の陰から、集く虫の音が聞けるのも間近である。

大雨時行(たいう ときどきにふる)

<雪解け水が流れ込むうなづき湖>

8月2日から七十二侯は、「大雨時行(たいう ときどきにふる)」で二十四節季「大暑」の末侯。

梅雨が明けてからも、 山にはまだ薄暗い雨雲が立ち込め、今にも激しい雨が襲ってくるようだ。 入道雲が湧き上がるようになれば夕立の合図。 大雨が大地を洗い流し、しばし夕暮れの涼を与えてくれる。

黒部峡谷は、涼を求めるお客様で賑わう。トロッコ電車は、ゆっくりと宇奈月駅を出発する。先ず目に入るのがエメラルドグリーンの「うなづき湖」。 2001年に完成した宇奈月ダムによって湛水されてできた湖である。

黒部峡谷は八千八谷と呼ばれ、谷や沢が多い。 湖には急峻な山から流れ出た雪解け水が、満面に湛えられている。峡谷がもたらす川風は、冷を含み爽やかである。

土潤溽暑(つちうるおうて むしあつし)

tamaazisai06
<見頃を迎えた球紫陽花(タマアジサイ)>

7月28日から七十二侯は、「土潤溽暑(つちうるおうて むしあつし)」で二十四節気「大暑」の次侯にあたる。溽暑(じょくしょう)とは湿気が多く、蒸し暑い状態のことを表す。梅雨の湿気を帯びた大地に、強い日差しが照りつけて蒸し暑くなる頃という意味。

今年は昨年より15日遅く、7月24日に梅雨が明けた。毎日猛暑が続く中、雪解けが進み、黒部の山々の雪形は、日々小さくなる。

黒部川の水量は例年に比べると少なく、宇奈月ダムからは水が流れていない。黒部川本流の流れは、ダム直下にある宇奈月発電所の発電機を廻し終えた水が放出され、川の流れを作っている。

早朝の山から吹き下ろす風は冷たく心地良い。やまびこ遊歩道の球紫陽(タマアジサイ)が見頃を迎えた。雨上がりの薄紫の紫陽花は、幾分かの涼しさを与えてくれる。つぼみの形が球状なので名前の由来となっている。

桐始花結(きり はじめて はなを むすぶ)

kiri00
<桐の花が実を結ぶ>

7月23日から二十四節気は「大暑」。3日前から日暮れに蜩が鳴き始めたので、 梅雨明けが間近である。また、うだる様な暑さが続きそうである。七十二侯は、「桐始花結(きり  はじめて はなを むすぶ)」で二十四節気「大暑」の初侯にあたる。春に開花した桐の花が大暑に入り、実を結ぶ頃という意味。

桐は、キリ科の落葉広葉樹で宇奈谷沿いや宇奈月温泉上流のうなづき湖の湖畔に多く見られ、五月中旬には薄紫の筒状の花が開花する。大暑の今は、卵形の茶色い実を付ける。桐は高木で枝を大きく伸ばし、広卵形の大きな葉を多く付けるので、心地よい木陰を作ってくれる。

古くから、鳳凰の止まる木として神聖視されてきた。花札の桐の図柄もこの伝説からきている。桐紋は菊の御紋に次ぐ高貴な紋章として皇室で受け継がれ、現在は日本国政府の紋章として使用されている。

鷹乃学習(たか すなわちわざをならう)

<黒部奥山の空に鷹が舞う日は間近>

7月18日から七十二侯は、「鷹乃学習(たか すなわちわざをならう)」で二十四節気「小暑」の末侯にあたる。

春に生まれた鷹の幼鳥が、飛び方を覚える時期で、巣立ちの準備をする頃という意味で、鷹は、古くから獲物を捕るための道具として大切にされてきた猛禽類である。鷹狩りは、四千年前に中央アジアの平原で始まり、日本へは四世紀半ばに、朝鮮半島を経て伝わって来たと言われ、とりわけ徳川家康が鷹狩りを好み、鷹術は一種の礼法と見なされた。

家康が好んだ「祢津流」は全国の武家の間に広まった。加賀藩、富山藩にはこの流れを汲む「依田家」が鷹匠として抱えられ、文武二道を旨とする前田家で鷹匠文化として継承されていった。武家にとって鷹狩りは、領内視察のほか軍事演習の意味合いもあったので、武芸奨励として受け継がれた。

黒部奥山は、加賀藩の直轄地で、黒部奥山廻役が定期的に調査に入っていた。この時は鷹や犬鷲の飛ぶ様子で、位置確認や気象予測の参考にしたと言われる。宇奈月の梅雨明けは例年よりも遅れているが、梅雨が明けると黒部奥山の空に鷹が高く舞う盛夏の訪れである。