雀始巣(すずめはじめてすくう)

<延楽・庭の枝垂れ梅>

3月20日から二十四節気は「春分」。太陽が真東から昇り真西に沈み、太陽が春分点を通る日で、昼と夜の長さが同じになることから二十四節気では大きな節目の日とされています。七十二侯は「雀始巣(すずめはじめてすくう)」で、二十四節気「春分」の初侯となります。雀が巣作りを始める頃という意味で、この日を境に、北半球では日脚が少しずつ長くなります。旅館の庭の枝垂れ梅が開花し始めました。これからは春の光によって自然の表情が豊かさを増してきます。

春分の日には皇室では春季皇霊祭が行われます。天皇・皇后が出席して皇霊殿で行われる先祖祭です。旧憲法下では国の祭日でしたが、1947年に春分の日として国民の祝日となりました。春分を中日とする前後3日ずつ7日間が春のお彼岸で、先祖供養や農事始めをする節目の時期となります。


菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

<ほたるいか酢味噌>

3月15日から七十二侯は、「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」で二十四節気は「啓蟄」の末侯にあたります。厳しい冬を越したサナギが、蝶に羽化する頃という意味です。菜虫とはアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称で、特に紋白蝶の幼虫の青虫のことです。菜の花が畑一面に咲き乱れ、羽化した紋白蝶が飛び始める頃という意味です。

宇奈月温泉は、三寒四温を繰り返しながら大分暖かくなり、陽光も力強くなりました。富山湾では春の風物詩ホタルイカ漁がおこなわれています。朝獲れの新鮮なホタルイカを釜揚げにして山菜と酢味噌で和えます。雪融けとともに沢山の種類の山菜が出てきます。 雪の下の蕗の塔、早蕨、コゴミゼンマイ、蕗、その他菜の花、水菜、クレソンなども春の香りです。これから一段と春の彩が冴えてきます。

桃始笑(ももはじめてさく)

<花桃の小径>

3月10日から七十二侯は「桃始笑(ももはじめてさく)」で、二十四節気の「啓蟄」の次侯にあたります。桃の蕾はふくらみ、花が咲き始める頃という意味です。宇奈月温泉の桃の名所は、花桃の小径で、開花は1月先の4月末になります。

黒部川の水力にいち早く目をつけたのは福沢桃介です。桃介は、1907(明治40)年に日清紡績株式会社を創業します。翌年に東京下亀戸に第一工場を建て、続いて黒部川の水力電気を利用して黒部川下流域の入善町に第二工場を建てようという目論見をもって、1909(明治42)年に黒部川に訪れます。その後実地調査も行われ、明治43年5月に工場誘致に関する合意の調印式が東京事務所で行われましたが、経営をめぐって他の役員と対立して役員を辞任します。その結果、入善工場の計画も消えてしまいます。ちなみに福沢桃介が興した日清紡績株式会社のマークは桃です。

その後、福沢桃介は大阪送電株式会社(1919年、大正8年設立)、大同電力株式会社(1921年、大正10年設立)の社長となって木曽川水系の電源開発を進めます。大正11年に木曽川に建設した須原発電所に、ドイツから持ち帰った桃の木を植樹します。それは1本の木から3色の花を咲かせる3色桃でした。現在、木曽川水系は黒部川水系と共に関西電力㈱が開発管理しています。

アメリカ在住の科学者、高峰譲吉の命を受けて山田胖が1917(大正6)年に黒部川の電源立地調査に入ります。その後1919(大正8)年に高峰譲吉は、アルミ精錬会社である東洋アルミナム株式会社を設立して安価な電力を確保するために、黒部川の電源開発に着手します。その4年後に黒部川で初となる八太蔵発電所が完成します。しかしながら昭和44年の出水で土砂に埋まります。その発電所跡地に「黒部川開発100年」の節目となる2017年に関西電力から提供された100本の三色桃が記念植樹されました。その小径は桃の名所となり電源開発の歴史を物語っています。

蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

<ロビーの雛飾り>

3月5日から二十四節気は、「啓蟄」に入ります。土の中で冬ごもりしていた生き物たちが、穴を啓いて地上へと這い出してくる頃という意味です。七十二侯は「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」で二十四節気「啓蟄」の初侯にあたります。

「啓」は開くで「蟄」は虫の冬ごもりのことです。冬眠していた生き物が春の日差しを求めて土から出てくる頃と言う意味で、「啓蟄」と「蟄虫啓戸」は同じ意味です。

3月3日は桃の節句で、古来中国では3月最初の巳の日に行われていたので、「上巳の節句」と呼ばれています。縁起のいい奇数が重なる「五節句」の一つでもあります。料理の中にも桃の節句の彩が味わえるのが、延楽雛の料理です。

草木萌動(そうもくめばえいずる)

<ホタルイカの釜揚げ>

2月28日から七十二侯は、「草木萌動(そうもくめばえいずる)」で、二十四節気の「雨水」の末侯になります。柔らかな春の陽射しを受け、潤った土や木々から萌葱色の新芽が芽吹く頃という意味です。

3月1日から富山湾ではホタルイカ漁の解禁となります。ホタルイカは、昼は深い海底に潜み、深夜から明け方にかけて浅いところへと移動して産卵します。その習性をとらえて行われるのが、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」です。ホタルイカが放つ独特の青白い光は幻想的で、まさに富山湾の神秘といわれる所以です。ほのかな甘みのお造りは、絶品で地酒とよく合います。熱々のホタルイカの釜揚は、オレンジ色の内臓もたっぷりと味わえて、これがまた地酒によくあいます。

一方、黒部川では3月1日から渓流釣りの解禁となります。黒部川の河原に、まだ雪が残っています。釣り人が山女魚や岩魚を狙って早春の渓流に挑みます。

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

<雪を纏った後立山連峰(白馬連山)>

2月23日から七十二侯は、「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」で、二十四節気「雨水」の次侯となります。靆(たなびく)とは、霞や雲が薄く層をなして横引きに漂うことです。雨水や雪融け水によって湿った大地に、日が差すことによって水蒸気が起こり霞が棚引く頃という意味です。春霞で野山がぼんやりとかすんで見える頃となります。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、春の女神の衣に見立てられます。霞とは春に出る霧の事で、霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現されます。朧月夜に詠われる夜の霧は、朧(おぼろ)として使い分けられます。

春霞は、偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、万葉集にも詠われています。これから多く見られる現象です。これからは雪を纏った黒部の山々が、霧や靄で美しく豊かな景色を見せてくれ日が多くなります。北陸新幹線、かがやき、はくたかの車窓からもご覧いただけます。

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

<吹雪の後の黒部川>

2月18日から二十四節気は「雨水」に入ります。空から降る冷たい雪が雨に変わり、野山の雪がゆっくりと融け始めます。この頃の雨は「木の芽起こし」といって、植物の芽吹きを助ける大切な雨となります。この時期に吹く強い南風が春一番です。

七十二侯は、「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたります。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされていました。

16日から冬型の気圧配置が強まり、富山県内は今日まで大雪となり冬に逆戻りです。たびたび二十四節気「雨水」の初候のおきる気象現象です。一時、強風も伴って吹雪となり猛スピードで雪が横に飛ばされています。この風も長続きはせずに、19日から天気は徐々に回復してきます。これからは日一日と日足も長くなり、三寒四温を繰り返しながら季節は春に向かっています。

魚上氷(うおこおりをいずる)

<黒部川にそそぐ琴音の滝>

2月13日から七十二侯は、「魚上氷(うおこおりをいずる)」で、二十四節気「立春」の末侯にあたります。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味です。

宇奈月温泉は、冷え込む夜半に雪が舞い稜線は薄っすらと雪化粧。黒部川は凍らずに渓流となって流れています。宿の対岸に、良い形の釜を備えた滝があります。宿の創業者が親しかった中川一政画伯のお気に入りの滝で、「琴音の滝」と名付けました。滝釜から黒部川に流れ落ちる清流の岩陰に、山女魚の稚魚が春めく時を待っています。やがてその一握りが桜鱒となって戻ってきます。

黄鶯睍睆(うぐいすなく)

<安田靫彦「春到」>

2月8日から七十二侯は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で、二十四節気「立春」の次侯になります。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味です。宇奈月温泉周辺では3月初旬から中旬になりそうです。睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語で、畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとあります。

今年は年初から大雪で、宇奈月温泉スキー場には十分に雪があります。今日から大陸からの寒気団が再び南下し、数日寒い日が続くようですが長続きはしません。明け方の雪は、山一面に雪の花を咲かせ稜線が幻想的に見えます。山水画のような景色を眺めながら露天風呂に浸かると、まさに至福のひと時です。

ギャラリーでは、安田靫彦の「春到」が展示されています。まだまだ寒き中、においを漂わせる白梅。画伯の庭の花をつけた梅が枝を描かれました。富山気象台から開花宣言が出されるのはもうすぐです。

東風解氷(はるかぜこおりをとく)

<春めく黒部の山>

2月3日から二十節気は「立春」を迎えます。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日とされ、1年の始まりの節気でもあります。旧暦の元旦は立春に近い新月の日で、正月を新春、初春と呼ぶのはこの名残です。この日から立夏の前日(5月4日までが春となります。

立春は、あらゆる節日の基準日となります。おわら風の盆に謡われる二百十日は、立春から数えると9月1日になります。八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安としました。七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜこおりをとく)」で二十四節気「立春」の初侯。東風とは春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味です。今日から日足が伸び木々も次第に芽吹き始め、春の兆しが少しずつ現れ始める頃です。禅寺では早朝に立春大吉と書いた厄除けの紙札を貼って、邪気を払います。